デフレとラブホ

日本はデフレ経済からなかなか脱却できず、不景気な状態が続いているのです。それに伴って、学校を卒業し社会人になっても自活するだけの収入が見込めず、実家を出られない人が多くなっているのです。そのため30代40代でも親と同居と言うことも珍しくありません。こうした景気や住宅事情を背景に、彼女ができても自宅でゆっくり二人で過ごすことのできない人も多いのです。そのため現代でもラブホテルは廃れる事無く多くのカップルからニーズがあるのです。ラブホテルであれば時間を気にする事無く、だれにも邪魔されること無く二人の時間を楽しむことができるのです。平均的な価格相場は一時間当たり3000円から5000円程度と言えるのです。

しかし年々日本の人口は減少の一途を辿っており、また若い人口も減少の一途で、徐々にラブホテル産業に暗い影が落ちつつあるのです。ラブホテルの供給が過剰であり客の取り合いになって、ホテル間では熾烈な場価格競争が見られるようになっているのです。例えば22時以降のチェックインであれば通常価格の半額で利用できたり、事前のネット予約をしておけば一割から三割程度の値引きでホテルを利用できたりするのです。こうした傾向は利用する側から見れば非常にありがたい傾向だと言えます。また超高齢化社会を見越して60歳以降であることを証明できるものがあれば半額で利用できる制度を導入しているユニークなラブホテルも存在するのでです。またラブホテルは生き残りをかけるためにカップルだけの利用に限定せず、出張のサラリーマンにもリーズナブルに利用できるように単身プランを導入するなど様々なサービスが見られるようになっているのです。